FP向けメールマガジン FP E-PRESS

【FP E-PRESS】『つみたてNISAの対象者は?』【FPコラム】 (Vol.880 2018/03/07)


■□■□■ FP E-PRESS(エフピーエプレス)(Vol.880 2018/03/07)■□■□■

こんにちは。
エフピー研究所のツカモトです。

関東はだいぶ暖かくなってきました!(今日は少し寒いですが)

先日訪れた中山競馬場も、ポカポカと気持ちのいい天気で、
多くのカップルや家族連れでにぎわっていました。

もう3月。春に向けてあとは桜を待つばかり。


さて、今週はこちら。


━【 今週のラインアップ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● FPの生の声アンケート!<<第3弾 募集中!>>
    ☆☆ 業務に役立つ書籍をプレゼント! ☆☆

● FPの生の声アンケート<<第2回 結果報告!>>

● 求人情報(エフピー研究所) 

● FP継続教育 通信・通学講座

● FP名人無料説明会のご案内

● FP名人「新FP応援割」のご案内

● FP業務 お役立ちコラム



━━【 FPの生の声アンケート! 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【第3回 社会保険(国民年金・厚生年金編)】

第3回の今回は「社会保険」から頻出の相談テーマ『国民年金・厚生年金』がテーマです。

FPの皆さんが日々直面している相談課題や、これから強化していきたい相談テーマは
なんですか?

リクエストの多いものについては、「通学セミナー」や「お役立ちコラム」を通して
どんどん発信していきたいと思います!


 ◇業務に役立つ書籍プレゼント!!

 なんと今回は、アンケートにご回答いただいた方から抽選で5名の方に、
 弊社通学セミナーの人気講師〈社会保険労務士 相川裕里子先生〉の書籍(新刊)
 『世界一やさしい障害年金の本』をプレゼント!

 みなさん、奮ってご参加ください!


 ご参加はこちらから
 ↓
 https://goo.gl/forms/k7TNxAvarfXUJjDj2

【アンケート期間】:2018/2/21~2018/3/20まで


━━【 FPの生の声アンケート! 結果報告】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ <<第2回 資産運用編 結果報告>>

今回も多くの方にご回答いただき、誠にありがとうございました。
アンケート結果をまとめましたので報告します。


□ Q1.【自分自身で選ぶなら】運用商品に選ぶのはどれ?(複数回答可)

第1位:投資信託(77.8%)
第2位:個別株(55.6%)
第3位:ETF(50.0%)
第4位:不動産(5.6%)

投票なし:金、FX、仮想通貨(0%)


<コメント>
第2位:個別株
さすがにFP。半数以上の方が個別株を取り入れようというスタンスです。
これは「アンケートの回答者の約6割がFP関連のお仕事をされている」という結果でした
ので納得。

第1位:投資信託
とはいえやはり一番は投資信託でした。これも「回答者の約8割の方が30~50代の在職時期の方」
でしたので、ごく自然な選択なのかもしれません。
私もそうですが、個別株を買いたくても仕事をしているとなかなか難しいですよね。

この結果を見て、今度はみなさんの資産ポートフォリオに関心がわいてきました。
どんな割合で、これらを組み込んでいるのでしょう。
また、FPの皆さんが「実際に購入している」投資信託の商品などを共有できる仕組みがあれば
いいのにと思ってしまいました。

これはお客さんにも言われることですが、「我々が実際に選んでいるもの」というのは
お客さんにとって何よりの安心材料となるようですよ。


□ Q2.(Q.1で投資信託を選んだ場合)投資カテゴリはどこ?(複数回答可)

第1位:先進国株式(80.0%)
第2位:日本株式(73.3%)
第3位:先進国債券(60.0%)

以下、新興国株式(40.0%)、新興国債券(33.3%)、海外REIT(26.7%)、日本債券(20.0%)、
日本REIT(13.3%)、バランスもの(6.7%)と続きます。


<コメント>
・先進国強し!
 私自身、資産運用についてはまだまだ勉強中の身ですので細かなコメントは控えておきます(笑)
 米国の利上げ等の動きを受けて、今後の投資カテゴリに変化はあるのでしょうか。
 先進国株式の割合が下がり先進国債券の割合が上がる?
 はたまた新興国の割合が下がる?半年、1年後が気になります。


□ Q3.【初心者がこれから始めるなら】運用商品に選ぶのはどれ?(複数回答可)

第1位:投資信託(83.3%) +5.5%
第2位:ETF(27.8%) -22.2%
第3位:個別株(11.1%) -44.5%
第3位:金(11.1%) +11.1%
第5位:Aランクの公社債(5.6%)

投票なし:FX、仮想通貨(0%)

※一番右の数字はQ1との比較です。


<コメント>
・投資信託の1強!
 対象を初心者とした場合、投資信託が8割を超える支持を集めた一方で、個別株は1割程度と
 大きく支持を下げる結果となりました。
 と、ここまでは概ね予想通りの展開だったのですが、予想外だったのがETFが支持を下げたこと。
 初心者へは勧めづらい商品なのでしょうかね。


□ Q4.(Q.3で投資信託を選んだ場合)投資カテゴリはどこ?(複数回答可)

第1位:先進国株式(75.0%) -5.0%
第1位:日本株式(75.0%) +2.7%
第3位:先進国債券(56.3%) -3.7%
第4位:新興国株式(50.0%)+10.0%
第5位:新興国債券(37.5%) +2.3%


以下、海外REIT(18.8%)、日本債券(18.8%)、海外REIT(18.8%)、バランスもの(6.3%)
と続きます。

※一番右の数字はQ2との比較です。


<コメント>
・やはり先進国強し!
 投資先カテゴリについては、Q2と比べて若干新興国押しという結果となったものの、
 大きな違いはありませんでした。

・債券より株式!
 【初心者がこれから始めるなら】においても、先進国毎、新興国毎で見ると、債券よりも
 株式の方を優先したいという結果になりました。
 この点は私には意外な結果と見えたのですが、皆さんはいかがお感じになりますか?
 みなさん今は株押しという考えの方が多い様ですね。


このような結果になりましたが、いかがお感じになられましたでしょうか。
私としては、想像以上にみなさん積極運用だなという印象を持ちました。
今は攻め時という感じでしょうかね。

アンケートもおかげさまで今は3回目を募集中。
みなさんのリクエストをお待ちしています。



━━【 エフピー研究所からの求人情報 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■■ 正社員募集 !! (株)エフピー研究所 ■■■

プロのファイナンシャルプランナーを目指してみませんか。
当社では、業務の拡大を見据えて、即戦力として新たな可能性を切り開く意欲の
高い方を募集します。

■正社員募集■
【職種・仕事内容】 提案営業/生活スタイルや収入にマッチしたライフプランの
          設計からクロージングまで、ライフプランセミナー講師など
【勤務地】東京都文京区本郷
【勤務時間】9:00-17:30
【給与・待遇】応相談
【応募資格】大卒以上、FP資格保有者、エクセル・ワードなどPC基本操作のでき
      る方、生保・証券での営業経験者や住宅関連の営業経験者は歓迎

【応募方法】履歴書・職務経歴書を下記までメールあるいは郵送にてご送付下さい。
(応募書類の返却は致しません)

【送付先】
〒113-0033  東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル3階
株式会社エフピー研究所 担当:総務 石田
 TEL:03-5803-2160   E-mail: ask@fplabo.co.jp



━━【 FP継続教育 通信・通学講座 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ご好評につき、インターネット特別割引を継続いたします!!
             2,900円(税込)で最大30単位の取得が可能に!
 ・今日から始めるインターネット継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/index2.php
  スマートフォン⇒ http://www.kyoukara.jp/sp


■ パソコン・インターネットが苦手な方には、テキスト(冊子)でも受講可能です。
 ・今日からはじめる速達便継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/paper/ tel⇒ 03-5803-2167


■ 弊社では、上記の通信講座の他にも、現場で活躍するプロからの生の声で学べる
 通学セミナーも実施しています。


 ・3月のセミナーはコチラ

 ◆3月14日(水) 10:00-16:00
 「『FP名人』ソフトを極める! 使いこなし&コンサル講座」
 講師:小川 満啓
 単位:対象外
 会場:早稲田奉仕園
 詳細:http://www.kyoukara.jp/school/?detail=134


 ◆3月17日(土) 13:30-16:30
 「[特別] 火災・生保で新規100件、年収2,000万円超を実現する住宅購入者向け保険提案必勝法!」
 講師:鴨藤 政弘
 単位:対象外
 会場:サニー貸会議室
 詳細:http://www.kyoukara.jp/school/?detail=66


 ◆3月24日(土) 10:00-16:00
 「相談経験が豊富なFPが教える!!保険見直し実践テクニック」
 講師:小川 満啓
 単位:リスク 6単位
 会場:文京シビックセンター
 詳細:http://www.kyoukara.jp/school/?detail=58


 ◆3月24日(土) 10:00-16:00
 「金融犯罪の現状と資産防衛術~詐欺からPC犯罪まで」
 講師:明石 久美
 単位:実務倫理 6単位
 会場:文京シビックセンター
 詳細:http://www.kyoukara.jp/school/?detail=89



━━【 FP名人 無料説明会のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【新規ご購入を検討中のお客様へ】

◆通常無料セミナー
 エフピー研究所では、FP名人無料説明会開催を定期的に開催しております。
 「実際の操作画面を見てみたい、質問したい」という方は、是非、ご参加
ください!
 
 3/14(水)、3/28(水):FP名人無料説明会
 10時~、東京都文京区本郷にあるエフピー研究所会議室で開催します。

セミナーの参加申込は ⇒ http://www.fptool.jp/event/



━━【 FP名人「新FP応援割」のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━

キャッシュフロー表の作成など、FPの相談業務に必須ともいえる
ライフプランソフト「FP名人」ご購入者に対するキャンペーン「新FP応援割」は
 ・「1,2,3級FP技能検定」に合格後1年以内の方
 ・「CFP・AFP資格認定」から1年以内の方
を対象とした割引サービスです。

3月31日までにFP名人をご購入頂くと【現金2万円】をキャッシュバックします!

ただし、2018年4月1日以降は、キャッシュバックが【現金1万円】と
なりますので、FP名人の購入を検討中の方は、お急ぎくださいませ。

サービス内容およびお申込みに関する詳細は、以下にてご確認願います。
http://www.fptool.jp/software/fp-meijin/campaign_newfp.php



━━【 お役立ちコラム 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『つみたてNISAの対象者は?』

  
      (執筆者:有限会社ファイナンシャルリサーチ 深野 康彦)


――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「つみたてNISA」が始まり2ヵ月が経過しました。

金融庁から口座開設数などの公表は行われていませんが、日本証券業協会調べでは、

2017年12月末現在、大手証券とネット専業証券合計で19万6000口座に

なったと発表がありました。

一般NISAの開始時(2014年)には、証券会社全体で約320万口座を集め

たことと比較すると、かなり静かなスタートと言えそうです。

購入時手数料無料(ノーロード)、運用管理費用(信託報酬)もかなり低く押さえ

られたインデックスファンドが対象商品の中心であることから、金融庁肝煎りの制度

とはいえ、費用対効果を考慮すれば金融機関がその取り組みに真剣にならないのは致

し方ないのかもしれません。


仮に金融機関が頑張りが低調であったとしても、私たちFPは「つみたてNISA」

の立ち位置をしっかり理解しておかなければなりません。

一般NISA、iDeCo(個人型確定拠出年金)、つみたてNISAとさまざまな

非課税制度がある中で、顧客ごとにどの制度がよりフィットするのかを認識しておか

なければならないからです。

掛け金全額が所得控除となるiDeCoが最優先されると考えられがちですが、筆者は

そのように感じません。

1例をあげれば、フリーランスを含む自営業者の人は、iDeCoよりつみたてNISA

の方がよりフィットすると考えています。

自営業者の人の公的年金は、何もしなければ「国民年金」だけです。

国民年金の満額受給は月額6万4941円(平成30年度の年金額)。

この金額では老後生活もままならない状況なので自助努力を促すわけですが、国民年金に

上乗せするには、付加年金、国民年金基金、iDeCoが考えられます。

あるいは小規模企業共済を思い浮かべるFPもいることでしょう(民間の商品は考慮して

いません)。

いずれの制度も一長一短がありますが、老齢給付金額を考慮すれば、付加年金が外れて

その他の制度の利用となるはずです。


結論から言えば、残り3つの制度であれば筆者は「国民年金基金」を最優先させる

アドバイスを行います。

その理由は、小規模企業共済の老齢給付には「終身年金」の制度がない、iDeCo

は制度上は「終身年金」で受け取ることは可能ですが、終身年金を取り扱っている

金融機関が非常に少ないからです。

百歩譲って終身年金がある金融機関でiDeCoを行ったとしても、iDeCoでは

口座手数料が毎年必要になるため、元本確保型商品で安全確実に運用したとしても、

その利回りが国民年金基金を上回るのが難しいと推測されるからです。

国民年金基金の掛け金はiDeCoと合算して月6万8000円。

上限まで利用せずにiDeCoと併用すればと思われるかもしれませんが、会社員の

厚生年金保険料は労使折半。

自営業者が国民年金基金の掛け金を上限までかけたとしても、会社員と比較すれば

そんなに掛け金が多額とはいえないのです。

国民年金基金に加入することで、自営業者も会社員と同じく「終身年金」を2階建て

の建付けとするわけです(国民年金基金には有期年金もありますが利用は終身年金が基本)。

終身年金を厚くすることで長生きのリスク(人生100年時代)にも対応しやすくなる

はずです。

ただし、国民年金、国民年金基金は物価の上昇に対応できない、つまりインフレリスクに

弱い制度です。

物価は本当に上がるのか?と言われていますが、日本銀行を含め国はデフレ経済に再び

戻さない政策を行っています。

また、消費者物価指数は日本銀行が目標とする2%こそ達成されていませんが、2018年

1月で対前年比13ヵ月連続のプラスです。

上昇率は1%に満たない(生鮮食料品を除くコアCPI)とはいえ、預貯金や国債などの

収益では残念ながら対応できないのです。

そこでインフレリスクをヘッジさせるために「つみたてNISA」を利用するのです。

つみたてNISAの対象商品は、ご存じ全てインフレに強いといわれる株式が含まれる

株式投資信託またはETFなのです。

1例をあげたに過ぎませんが、さまざまな制度が用意されているものの、顧客の背景を

考慮すれば、おのずとどの制度が顧客にフィットするのはご理解いただけと思います。

FPであるからには、顧客に「最適解」をアドバイスできるように常に準備は怠らない

ようにしたいものです。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

≪執筆者紹介≫


深野 康彦(ふかの やすひこ)
有限会社ファイナンシャルリサーチ代表 
ファイナンシャルプランナー

1962年生まれ。大学卒業後、クレジット会社を経て独立系FP会社に入社。
FP業界歴26年(2014年4月現在)を誇るベテランの1人。
金融資産運用設計を研鑽して1996年に独立。
現在の有限会社ファイナンシャルリサーチは2006年に設立(起業2社目)。
さまざまなメディアやセミナーを通じて、資産運用のほか、住宅ローンや生命保険、
あるいは税金や年金などのお金周り全般についての啓蒙を行っている。
日本経済新聞夕刊「投信番付」のほか連載多数。新聞・マネー雑誌、経済誌などへの
執筆・取材協力および金融商品などのデータ提供を行いながら、テレビ、ラジオにも
多数出演している。

主な著書:『これから生きて行くために必要なお金の話を一緒にしよう』
(ダイヤモンド社)
     『会社が傾いても自分だけは大丈夫病』(講談社)
     『あなたの毎月分配型投資信託が危ない!』(ダイヤモンド社)
     『1万円から始めるETF投資』(日本経済新聞出版社)など多数


━━【アドレスの登録・変更・削除】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ変更、削除はこちらから手続きをしてください。

※変更の場合は、現在、配信中のアドレスの解除をした後、新しいアドレスで
 メルマガに新規登録をしてください。

⇒ https://www.fplabo.co.jp/fplabo/magazine/front.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 FP E-PRESS(エフピーエプレス) 』(以下「本サービス」)は
株式会社エフピー研究所(以下「当社」)が発行するメールマガジンです。
本サービスの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・再配信などを行うこと
はできません。また、当社はご利用者様の本サービスご利用により生じた損害に
つきましては、その責を負いません。

※このメールマガジンは送信専用アドレスから配信されたものです。
 本メッセージの返信メールに対するご対応はいたしかねますので、
 あらかじめご了承願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:株式会社エフピー研究所
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル 3F
発行者:エフピー研究所
編集者:塚本 健一
URL : http://www.fplabo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ƌv̂‚