FP向けメールマガジン FP E-PRESS

<【PR】号外>5/18(土)新規通学セミナー『FP相談で差がつく!資産運用のアドバイスポイント30 』セミナー開催についてのご案内【 FP E-PRESS 】


こんにちは!
エフピー研究所 メルマガ編集担当のコジマです。

今回は、弊社主催の新規通学セミナーのご案内です。

テーマは
【 FP相談で差がつく!資産運用のアドバイスポイント30 】。

弊社に多く寄せられるFPの皆様の声の中で、資産運用についてどんな提案をして
差別化すればよいのかわからない(セミナーをやって欲しい)、というものがあります。
個別相談を現在行っている方も、これからやっていきたいという方も、
資産運用の提案内容をレベルアップして他のFP相談と差別化したい、
IFAなどの立場でないFPだからこそできる視点で具体的なご提案をして説得力を
増したい、とお考えの方、必見です!

講師は、独立系投信会社社長で、お客様へ定期的に運用報告・個別相談会を開催し、
他社主催のセミナー・講演経験も豊富な、【長谷 俊介(はせ しゅんすけ)氏】。
元金融システムエンジニアで、『ありがとう投信』に入社後は投信委託業務、
運用部ポートフォリオマネージャ―など歴任し2016年4月に社長就任した、
気鋭の方です。

詳しくは以下をご覧ください。

━━【 今回のラインアップ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 新規セミナーのご案内

● カリキュラム

● セミナー概要(申し込みはコチラから)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近、一般の方向け資産運用セミナーはどこも盛況のようです。
耳を傾ける皆さんの表情は真剣そのもの。
資産形成期にある30~40代、退職後の不安が高まる50代、退職金等でまとまった
資金の使い道に迷う60代~。

その目的や立場は様々ですが、人生100年時代を迎え、国や社会保障だけを
あてにしていては十分でないことがわかった今、何かしないといけないという
切実な想いは共通です。

FPのもとへ来るそんなお客様に対して、有益な運用アドバイスができているのか
不安な方も多いと思います。

今回は、そんな皆様のために、15年目を迎えた独立系投信会社の社長自ら、
FPが相談現場で使える運用相談のアドバイスポイントを語っていただきます。

内容は、時事的な経済動向を踏まえた金融・経済の基本~派生のお話はもちろん、
運用現場での商品設計のあれこれ、お客様への効果的な提案方法、商品特性を
アピールするため行っている秘策などなど。
レジュメは、ありがとう投信の若手ファンドマネジャー、真木喬敏氏
(経歴は下記をご覧ください)によるもの。
FPで個別相談を行っている、これからやっていきたいという皆様が今一番
聞きたいと思う内容を、ほかのセミナーではあまり見たことのない斬新な
グラフや切り口のレジュメ(ご自身の相談・セミナー等でもご活用いただけます)
をもとに、お話いただきます。

・いつも一辺倒の話に終始してしまう、
・資産運用の提案をどう切りこんでいけばいいのかわからない、
・そもそも運用の話をだすと嫌がられて話が進めづらい、
・運用はやっぱり怖いからやめておく、といって断られることが多い、

1つでも思いあたるFPの皆様へ、金融が得意な方もそうでない方も、
ご満足いただける内容です。

資産運用というとなんだかぼやっとしたイメージで、『長期・分散・積立でしょ?』
というお客様は多いです。日本はまだ、大事に貯めたお金や虎の子の退職金の
多くを「預貯金」*で抱えこんでいる方が多く、先進国の中でも金融リテラシー
が低い国といわれています。
(*日米ユーロ『家計の金融資産構成』(2018年3月末、日銀発表)より
「現金・預金」の割合:日本52.5%、米国13.1%、ユーロ33.0%)
金融庁も欧米に比べ資産運用が遅れ、家計の資産量が伸び悩んでいる日本の現状
を大変憂いています。

本セミナーは国際長期分散投資の立場から、気になる最新の経済情勢(米中摩擦・
トランプ政策・米債務問題・ブレグジット等)を踏まえ、高まるリスクに
どのようなポジションをとればよいのか、個人向け投資アドバイスですぐ使える
知識の宝庫となること請け合いです。


-----------------------------------------------------------------------------

○長谷 俊介(はせ しゅんすけ)氏 プロフィール
ありがとう投信株式会社 代表取締役社長
大学卒業後、金融システムエンジニアとして主に確定拠出年金システムの設計・開発
に従事した後、2005年に経営理念に共感し、税理士・公認会計士が立ち上げた
独立系資産運用会社である当社入社。創業期より会社の発展に尽力し、カスタマー
サービス部長、投信委託業務部長、投信企画運用部ポートフォリオマネージャーを
経て2016年4月より代表取締役社長就任。41歳。

現在、自社ファンドの運用、直接販売に携わるとともに、顧客向け資産運用セミナー
や勉強会、個別運用相談会を年間50回以上開催し、講師を務める。

<レジュメ監修>
〇真木 喬敏(まき たかとし)氏 プロフィール
ありがとう投信株式会社 ファンドマネージャー
米国ゴールデンゲート大学大学院(金融修士・投資運用専攻)を卒業後、JPモルガン証券、
モルガン・スタンレーMUFJ証券、ゴールドマンサックス・アセット・マネジメント
にて、フロント(アナリスト)、ミドル(マーケットリスクモニタリング)及び
バックオフィス(ファンド財務諸表・運用報告書作成)業務に従事。
2016年4月より現職。米国公認会計士試験全科目合格。調理師免許保有。
大学非常勤講師。33歳。


■□■ カリキュラム ■□■

午前の部
はじめに

1.世界的視点で見るマーケットの見通し

2.投資運用の現場から見た資産運用のこれまでと現状

3.自社商品で投資信託ただ1本にこだわっている理由・自社ファンドの強みと今後の戦略

4.運用会社の現場から見た、「長期分散積み立て」の有効性とその実証性

5.金融商品を取り巻く金融庁との関係変遷 フィーデューシャリー・デューティーの重要度

6.独立系資産運用会社での投信販売現場から お客様の傾向と特徴

7.人生100年時代を生きていくための資産運用とは

午後の部
1.投資初心者のお客さまにFPができる運用アドバイス(基本編)

2.投資中・上級者にFPができる運用アドバイス(上級編)

3.多種多様な金融商品から何をどう選べばよいのか、他のFPと差をつけるアドバイス術

4.これからの時代の資産運用に求められているもの お客様の事例から

5ソフトを使ったライフプランシミュレーションからの資産運用アドバイスへの展開方法

6.資産形成のいろいろ 不動産投資も気になるという方へのアドバイス法

7.GAFA・ロボ・AIの時代にできる運用アドバイスとは

終わりに


■■□ セミナー概要 ■■□

『FP相談で差がつく!資産運用のアドバイスポイント30』

 日時:5月18日(土) 10:00-16:00
 講師:長谷 俊介
 単位:金融 6単位
 会場:ちよだプラットフォームスクウェア 5階 502会議室
 受講料:10,000円+税

 ※申し込みはコチラから
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=172


━━【アドレスの登録・変更・削除】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ変更、削除はこちらから手続きをしてください。

※変更の場合は、現在、配信中のアドレスの解除をした後、新しいアドレスで
 メルマガに新規登録をしてください。

⇒ http://www.fplabo.co.jp/fplabo/magazine/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 FP E-PRESS(エフピーエプレス) 』(以下「本サービス」)は
株式会社エフピー研究所(以下「当社」)が発行するメールマガジンです。
本サービスの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・再配信などを行うこと
はできません。また、当社はご利用者様の本サービスご利用により生じた損害に
つきましては、その責を負いません。

※このメールマガジンは送信専用アドレスから配信されたものです。
 本メッセージの返信メールに対するご対応はいたしかねますので、
 あらかじめご了承願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:株式会社エフピー研究所
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル 3F
発行者:エフピー研究所
編集者:小島 三佳
URL : http://www.fplabo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ƌv̂‚