FP向けメールマガジン FP E-PRESS

【FP E-PRESS】『ライフプラン相談で障害年金の説明を!』【FPコラム】 (Vol.878 2018/02/21)


■□■□■ FP E-PRESS(エフピーエプレス)(Vol.878 2018/02/21)■□■□■


こんにちは。
エフピー研究所のツカモトです。

今週からアンケートをリフレッシュ!第3弾の募集を開始します!
今回は社会保険から国民年金・厚生年金がテーマです。

さらに、アンケートにご回答いただいた方の中から、
通学セミナーでおなじみ、社会保険労務士の相川先生の書籍(新刊)をプレゼント!

みなさん奮ってご参加ください!


さて、今週はこちら。


━【 今週のラインアップ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● FPの生の声アンケート!<<第3弾 募集開始!>>
    ☆☆ 業務に役立つ書籍をプレゼント! ☆☆

● 求人情報(エフピー研究所) 

● FP継続教育 通信・通学講座

● FP名人無料説明会のご案内

● FP名人「新FP応援割」のご案内

● FP業務 お役立ちコラム


━━【 FPの生の声アンケート! 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【第3回 社会保険(国民年金・厚生年金編)】

 第3回の今回は「社会保険」から頻出の相談テーマ『国民年金・厚生年金』がテーマです。

 FPの皆さんが日々直面している相談課題や、これから強化していきたい相談テーマは
 なんですか?

 リクエストの多いものについては、「通学セミナー」や「お役立ちコラム」を通して
 どんどん発信していきたいと思います!


 ◇業務に役立つ書籍プレゼント!!

 なんと今回は、アンケートにご回答いただいた方から抽選で5名の方に、
 弊社通学セミナーの人気講師〈社会保険労務士 相川裕里子先生〉の書籍(新刊)
 『世界一やさしい障害年金の本』をプレゼント!

 みなさん、奮ってご参加ください!


 ご参加はこちらから
 ↓
 https://goo.gl/forms/k7TNxAvarfXUJjDj2

【アンケート期間】:2018/2/21~2018/3/20まで



 ※第2回にはたくさんのご参加いただき、ありがとうございました!
  結果は現在集計中。近日中に報告いたします。

━━【 エフピー研究所からの求人情報 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■■■ 正社員募集 !! (株)エフピー研究所 ■■■

プロのファイナンシャルプランナーを目指してみませんか。
当社では、業務の拡大を見据えて、即戦力として新たな可能性を切り開く意欲の
高い方を募集します。

■正社員募集■
【職種・仕事内容】 提案営業/生活スタイルや収入にマッチしたライフプランの
          設計からクロージングまで、ライフプランセミナー講師など
【勤務地】東京都文京区本郷
【勤務時間】9:00-17:30
【給与・待遇】応相談
【応募資格】大卒以上、FP資格保有者、エクセル・ワードなどPC基本操作のでき
      る方、生保・証券での営業経験者や住宅関連の営業経験者は歓迎

【応募方法】履歴書・職務経歴書を下記までメールあるいは郵送にてご送付下さい。
(応募書類の返却は致しません)

【送付先】
〒113-0033  東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル3階
株式会社エフピー研究所 担当:総務 石田
 TEL:03-5803-2160   E-mail: ask@fplabo.co.jp



━━【 FP継続教育 通信・通学講座 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ご好評につき、インターネット特別割引を継続いたします!!
             2,900円(税込)で最大30単位の取得が可能に!
 ・今日から始めるインターネット継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/index2.php
  スマートフォン⇒ http://www.kyoukara.jp/sp


■ パソコン・インターネットが苦手な方には、テキスト(冊子)でも受講可能です。
 ・今日からはじめる速達便継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/paper/ tel⇒ 03-5803-2167


■ 弊社では、上記の通信講座の他にも、現場で活躍するプロからの生の声で学べる
 通学セミナーも実施しています。


 ◆2月22日(木) 10:00-16:00
 「『FP名人』ソフトを極める! 使いこなし&コンサル講座」
 講師:小川 満啓
 単位:対象外
 会場:早稲田奉仕園
 詳細:http://www.kyoukara.jp/school/?detail=134


 ◆2月24日(土) 10:00-16:00
 「定年退職者事例研究:退職金・年金の受取から社会保険の手続まで」
 講師:益山 真一
 単位:ライフ 6単位
 会場:文京シビックセンター
 詳細:http://www.kyoukara.jp/school/?detail=98


 ◆2月24日(土) 10:00-16:00【名古屋開催】
 「実践的家計管理アドバイス~事例を基にアドバイスを考える」
 講師:菅田 芳恵
 単位:実務倫理 6単位
 会場:オフィスパーク栄・宝第一ビル
 詳細:http://www.kyoukara.jp/school/?detail=141


 ◆2月25日(日) 10:00-16:00
 「5時間で学べる公的年金~年金達人FPになるために」
 講師:相川 裕里子
 単位:ライフ 6単位
 会場:文京シビックセンター
 詳細:http://www.kyoukara.jp/school/?detail=143

 ※注目!!
 今週のお役立ちコラムをお寄せいただきました!!



━━【 FP名人 無料説明会のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【新規ご購入を検討中のお客様へ】

◆通常無料セミナー
 エフピー研究所では、FP名人無料説明会開催を定期的に開催しております。
 「実際の操作画面を見てみたい、質問したい」という方は、是非、ご参加
ください!
 
 2/28(水)、3/14(水):FP名人無料説明会
 10時~、東京都文京区本郷にあるエフピー研究所会議室で開催します。

セミナーの参加申込は ⇒ http://www.fptool.jp/event/



━━【 FP名人「新FP応援割」のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━

キャッシュフロー表の作成など、FPの相談業務に必須ともいえる
ライフプランソフト「FP名人」ご購入者に対するキャンペーン「新FP応援割」は
 ・「1,2,3級FP技能検定」に合格後1年以内の方
 ・「CFP・AFP資格認定」から1年以内の方
を対象とした割引サービスです。

3月31日までにFP名人をご購入頂くと【現金2万円】をキャッシュバックします!

ただし、2018年4月1日以降は、キャッシュバックが【現金1万円】と
なりますので、FP名人の購入を検討中の方は、お急ぎくださいませ。

サービス内容およびお申込みに関する詳細は、以下にてご確認願います。
http://www.fptool.jp/software/fp-meijin/campaign_newfp.php



━━【 お役立ちコラム 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『ライフプラン相談で障害年金の説明を!』


   (執筆者:社会保険労務士 相川 裕里子)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■「傷病手当金」とセットで説明■

 健康な人でも、不意の病気やケガにより働けなくなることはあります。

長期の療養を要するときは、健康保険の「傷病手当金」とともに「障害年金」

で保障される可能性があります。

ライフプラン相談では、万が一の保障として「傷病手当金」と「障害年金」を

セットで説明されることを、FPの皆さんにお願いしたいです。

認知度の低い「障害年金」の啓発をしていただきたいのです。


■「障害年金」への誤解■

 多くの方は「障害」という名称のためか障害者手帳を持っている人でないと

受けられない、と誤解しています。

障害年金は、障害者手帳がなくても年金法で定めた状態であれば支給対象に

なります。

一定の病状であれば病名にかかわらず支給されますが、たとえば五大疾病

(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)でも支給されます。

耳慣れた病気で障害年金が受けられることを説明すると驚かれることは

まだまだ多く、認知されていない制度であることを感じます。

また、「年金=高齢者」の勘違いも生まれやすく、”高齢の障害者が受ける

もの”と誤解している医師に出会ったこともありました。

正しくは、20歳以上、原則65歳になるまでは請求できる制度です。

実際、障害年金の受給者のうち20代~40代が40%以上を占めています

(2014年厚労省)。

 
■休職終了近くで気づく■

 会社員が、仕事中でない病気やケガ(私傷病)での休職中に受ける給付を確認します。

給与が支払われなくなったとき最初に使う制度は、健康保険の「傷病手当金」です。

この支給期間は最大1年6ヵ月間です。

問題は、1年6ヵ月が経とうとしても復職の見込みが立たないときです。

ご本人やご家族が考えあぐねネット検索すると、「障害年金」という言葉に

辿り着きます。

そこで初めて、”これに当てはまるかも”、と気付くのです。

障害年金の請求を思い立ち行動してから初回振込みまで、順調にいっても

約7ヵ月かかります。

傷病手当金の終了間近に行動すると、収入のない不安な期間を経験せざるを得ません。


■2つの給付の支給条件■

「傷病手当金」と「障害年金」の支給条件をおさらいします。

〈傷病手当金の支給条件〉

次の4つに当てはまるとき、支給されます。

1.「仕事外」※の事由による病気やケガの療養のための休業であること
   ※「仕事中」の場合は労災から給付

2.仕事に就くことができないこと

3.連続する3日間を含み4日以上仕事に就けないこと

4.休業した期間について給与の支払いがないこと


〈障害年金の支給条件〉

 次の4つに当てはまるとき、支給されます。

1.「初診日」を証明できること 

2.「初診日」に年金制度に加入していること 

3.「初診日」前の年金保険料の納付状況が一定以上であること 

4.「認定日」※または請求日に症状が障害年金を受ける基準にあてはまること
   ※初診日から1年6ヵ月経った日、またはその期間内に治った日(症状固定の日)


■「障害年金」を受ける基準とは■

 4の「障害年金を受ける基準にあてはまる」とは、”働けず日常生活にも

支障がある状態”をいいます。

障害年金には等級がありますが、この状態で1級か2級(1級の方が重度)に

なります。

等級での病状をイメージしてもらうときは、次のように説明しています。

1級…活動範囲が主に寝室に限られる状態

2級…活動範囲が主に家の中に限られる状態
   なお、初診日に厚生年金に加入している場合は、もう少し軽症でも障害年金の
   支給対象になることがあります。
   ”日常生活に支障はなくても働くことに支障がある状態”で、3級になります。

3級…フルタイム勤務ができない、または、できる仕事が限られる状態


3級を受けている人のなかには、仕事への支障なく見えフルタイムで働いている

ケースがあります。

たとえば、心臓ペースメーカーや人工肛門、人工関節などを体に付けている場合です。

このような傷病では、数年に1度、人工臓器の取り換え術を受けるなどの負担を考慮

され障害年金の対象となっています。

繰り返しになりますが、3級で障害年金が支給されるのは、初診日に厚生年金に加入

している場合に限ります。


■おわりに■

 日ごろ障害年金の請求に携わっている私のような者には、”「傷病手当金」が

終わっても復職見込みが立たないときは「障害年金」を考えること”は、自然の

流れです。

ところが一般には、先述した障害年金への誤解や認知不足のためもあり知られて

いません。


先日、全国健康保険協会に次のように尋ねてみました。

「傷病手当金を受けている人へ受給期間が終わっても復職できないときは、障害

年金を受けられる可能性を伝えていますか」と。

回答は、そのような説明(パンフレットの作成など)は特にしてない、とのこと

でした。

給付を行う機関が異なるためかもしれません。

療養中のご本人やご家族すべてが、自ら障害年金を調べ我が事として気付ける

だろうか疑問です。

FPの皆さんは、現在健康なお客様に対しても将来の”万が一のとき”の情報を

提供することを、どうかためらわないでください。

「あの時、相談会で障害年金を教えてもらっていたから助かった」、と思って

くださるお客様がきっといるはずです。



執筆者、相川氏が講師を担当するセミナーはコチラ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


◆2月25日(日) 10:00-16:00
「5時間で学べる公的年金~年金達人FPになるために」
講師:相川 裕里子
単位:ライフ 6単位
会場:文京シビックセンター
詳細:http://www.kyoukara.jp/school/?detail=143



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

≪執筆者紹介≫


相川 裕里子
社会保険労務士事務所 AI(アイ)コンサルティングを夫婦で経営。

年金相談手続き3,000件超。
読売TV「ミヤネ屋」年金特集に専門家として出演。
ホームページ:http://www.ai-cons.jp/

近書『世界一やさしい障害年金の本』(学研プラス)

マンガやイラストで解説した「障害年金」のわかりやすい本、あります!
抽選で5名の方に『世界一やさしい障害年金の本』をプレゼントします。

・ご応募方法
このメルマガ上部の『FPの生の声アンケート』に回答するだけ!



━━【アドレスの登録・変更・削除】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


メルマガ変更、削除はこちらから手続きをしてください。

※変更の場合は、現在、配信中のアドレスの解除をした後、新しいアドレスで
 メルマガに新規登録をしてください。

⇒ https://www.fplabo.co.jp/fplabo/magazine/front.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 FP E-PRESS(エフピーエプレス) 』(以下「本サービス」)は
株式会社エフピー研究所(以下「当社」)が発行するメールマガジンです。
本サービスの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・再配信などを行うこと
はできません。また、当社はご利用者様の本サービスご利用により生じた損害に
つきましては、その責を負いません。

※このメールマガジンは送信専用アドレスから配信されたものです。
 本メッセージの返信メールに対するご対応はいたしかねますので、
 あらかじめご了承願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:株式会社エフピー研究所
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル 3F
発行者:エフピー研究所
編集者:塚本 健一
URL : http://www.fplabo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ƌv̂‚