FP向けメールマガジン FP E-PRESS

【FP E-PRESS】『市場の発展は国策、Jリート』【FPコラム】(Vol.912 2018/10/17)


■□■□■ FP E-PRESS(エフピーエプレス)(Vol.912 2018/10/17)■□■□■


こんにちは。
エフピー研究所 メルマガ担当のコジマです。

今回のコラムは月イチでの連載を頂いております、株メンター 梶井 広行氏の
Jリートのテーマです。
来月11月25日には同講師による「キャリア30年の元最大手ファンドマネージャー
による金融市場・株式市場の見方」のセミナーを開催予定しております。
皆様ふるってご参加ください。


さて、今週はこちら。


━【 今週のラインアップ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● FP継続教育 通信・通学講座

● FP名人無料説明会のご案内

● FP業務 お役立ちコラム


━━【 FP継続教育 通信・通学講座 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ご好評につき、インターネット特別割引を継続いたします!!
             2,900円(税込)で最大30単位の取得が可能に!
 ・今日から始めるインターネット継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/index2.php
  スマートフォン⇒ http://www.kyoukara.jp/sp


■ パソコン・インターネットが苦手な方には、テキスト(冊子)でも受講可能です。
 ・今日からはじめる速達便継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/paper/ tel⇒ 03-5803-2167


■ 弊社では、上記の通信講座の他にも、現場で活躍するプロからの生の声で学べる
通学セミナーも実施しています。


・10月のセミナーはコチラ

 
◆10月21日(日) 10:00-16:00
 「5時間で学べる公的年金~年金達人FPになるために」
 講師:相川 裕里子
 単位:ライフ 6単位
 会場:文京シビックセンター
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=143


◆10月27日(土) 10:00-16:00
 「FPに必須!亡くなる前にやっておきたい相続対策と終活対策」
 講師:明石 久美
 単位:相続 6単位
 会場:文京シビックセンター
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=161


・11月のセミナーはコチラ


◆11月18日(日) 10:00-16:00
「相談経験が豊富なFPが教える!!保険見直し実践テクニック」
 講師:小川 満啓
 単位:リスク 6単位
 会場:文京シビックセンター
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=58


◆11月19日(月)-20日(火) <2日間>
「[特別] ~成果が出るまで、徹底サポート~
   火災・生保で新規100件、年収2000万円超を実現する住宅購入者向け
   保険提案必勝法【実践編】」
 講師:鴨藤 政弘
 単位:対象外
 会場:サニー貸会議室 
詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=67


◆11月21日(水) 11:00-17:00
  <名古屋開催>
「『FP名人』ソフトを極める! 
         使いこなし&コンサル講座(基礎編)」
 講師:小川 満啓
 単位:対象外
 会場:名古屋企業福祉会館
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=93


◆11月25日(日) 10:00-16:00
 「キャリア30年の元最大手ファンドマネージャーによる
                金融市場・株式市場の見方」
 講師:梶井 広行
 単位:金融 6単位
 会場:文京シビックセンター
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=158

※注目!!
 今週のお役立ちコラムをお寄せいただきました!!


・12月のセミナーはコチラ


◆12月7日(火) 10:00-15:30
<大阪開催>
「ソフトを極める! 使いこなし&コンサル講座(応用編)
   FP名人の中身を知り尽くした弊社のFP相談部門トップが
           仕事の幅が広がる時短ノウハウを公開!
  <対面形式20分で作れるキャッシュフロー表作成術>」
  講師:今野 隆文
  単位:対象外
  会場:大阪科学技術センター 
 

◆12月15日(土) 10:00-16:00
<名古屋開催>
「実践的家計管理アドバイス~事例を基にアドバイスを考える」
  講師:菅田 芳恵
 単位:実務倫理 6単位
 会場:名古屋企業福祉会館
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=141


◆12月15日(土) 13:30-17:30
「[特別]年200組超の相談FPが実践!信頼されリピーターが生じる
                   住宅ローン相談術」
  講師:平野 雅章
  単位:ライフ 4単位
  会場:サニー貸会議室
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=50

◆12月15日(土) 10:00-16:00
「金融犯罪の現状と資産防衛術~詐欺からPC犯罪まで」
  講師:明石 久美
  単位:実務倫理 6単位
 

◆12月19日(水) 10:00-16:00
「『FP名人』ソフトを極める! 
         使いこなし&コンサル講座(基礎編)」
 講師:小川 満啓
 単位:対象外
 会場:早稲田奉仕園
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=134


◆12月23日(日) 10:00-16:00
 「5時間で学べる公的年金~年金達人FPになるために」
  講師:相川 裕里子
  単位:ライフ 6単位
 
 
━━【 FP名人 無料説明会のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━━

【新規ご購入を検討中のお客様へ】

◆通常無料セミナー
 エフピー研究所では、FP名人無料説明会開催を定期的に開催しております。
 「実際の操作画面を見てみたい、質問したい」という方は、是非、ご参加
ください!
 
 10/24(水)、11/7(水):FP名人無料説明会
 10時~、東京都文京区本郷にあるエフピー研究所会議室で開催します。

セミナーの参加申込は ⇒ http://www.fptool.jp/event/



━━【 お役立ちコラム 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『市場の発展は国策、Jリート』

       (執筆者:株メンター 梶井 広行)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、株メンターの梶井です。


Jリート1000億投信を10年間運用し最優秀アワードも受賞した元ファンド

マネージャーが、投資教育業に身を転じJリートの投資魅力をご紹介するシリーズ、

今回はその5回目です。


今回のテーマは、「市場の発展は国策、Jリート」です。


Jリート市場は、実は国がオールジャパン体制で健全な成長をサポートしている市場です。

過保護、と言ってもよいほどかもしれません。

相場格言では「国策に売りなし」と言います。

まあ市場ですから、時に上がらないことも売られることもありますが、

国を挙げてJリート市場の発展を支援する体制があることはあまり広く知られていない

と思います。

今回はその国策の中味をご紹介します。



【国家的な支援体制 その1 金融庁】


Jリート市場の創設は2001年。その創設に尽力したのが金融庁でした。

不動産マネーを金融市場に取り込み、また不動産の証券化商品を売買する市場を創る

ことで、投資マネーを不動産市場に還流させる仕組みを作りたいとの念願が、

形として結実したのがJリート市場でした。

しかし、リーマンショック直後の2008年10月、Jリートが1社経営破たんしてしまいました。

投資商品のリスクに対して投資家保護を訴える立場の金融庁にとっては、市場創設

に尽力してきたJリート市場での破たん事例は痛恨の出来事でした。

この事例以降、これ以上の破たん等がJリート市場で起きることのないよう、監督官庁

として健全な市場の発展のため認識を新たにし、市場の信頼回復にむけ様々な尽力が

なされてきました。

その甲斐あって、ここまでの市場の拡大がもたらされたと考えます。


【国家的な支援体制 その2 国交省】


不動産業界を管轄するのは国交省です。

リーマンショックの際、破たん事例の生じたJリート市場を立ち直らせるため、

2009年の不動産市場安定化ファンド、いわゆる「官民ファンド」の設立を主導した

のが国交省でした。

実際これを契機に市場には安心感が拡がり、投資家が市場に戻ってくる重要な転機

となりました。

また国交省は、足元では、2017年発表の「不動産投資市場の成長に向けたアクション

プラン」の中で、2020年頃にリート等の不動産資産の規模を約30兆円に倍増させる

ことを打ち出しています。

現在のJリート市場の不動産資産の規模は総額17兆円強であり、今後も大きな成長を

国交省が期待していることが窺えます。

日本の不動産投資市場の活性化のためにはJリート市場の拡大が不可欠、と国交省が

認識していることがよく分かります。


【国家的な支援体制 その3 日銀】


国家的な支援体制は政府だけに留まりません。

我が国中央銀行、日本銀行も、強力かつダイレクトなサポートを実行中です。

Jリートの直接買入れ、です。

これは非伝統的な金融政策として2010年以降継続的に実施されているものであり、

既に5000億円程度を買入れ、現在も年900億円のペースで買入れ政策を継続中です。

ファンドマネージャー時代、最初にこの報道を耳にしたときは、本当に耳を疑いました。

「え、ウソでしょ、そんなこと、あるはずがない」と何度も周囲に聞き直しました (笑)。

この政策の後押しもあり、Jリート市場は当時オフィス賃貸市況が回復しない中でも

下支えされ、投資口価格の安定につながってゆきました。

ただ、現時点で問題となっているのは、この異例の政策の行方です。

つまり、買い入れた分を日銀は将来どうするのかという点です。

金融政策として買入れを進めているので、政策が終了すれば買入れは止まります。

また未来永劫日銀が投資主として保有し続けることは約束されていません。

将来市場で売却されることがあるのか、それとも何らかの方法で保有額を減らす

ことが検討されるのか、今後の行方に注目が集まっています。

もし市場で直接売却されれば(すると発表されれば)大きな影響が生じるため、

日銀は何らかの工夫を講じるものと期待しています。


以上、国策の中味をお伝えしました。

上記のほかにも、今は上場し民間となりましたが、東京証券取引所も上場制度

整備等の点でJリート市場の振興に尽力してきました。

Jリート市場は創設来まだ20年も経たない若い未成熟な市場ですが、銀行等

からの信用力も十分備え、かつこのように国家等からの支援体制も万全です。

安定高インカムという特徴は長期保有の投資先として魅力は大きく、

誰しもが100年人生の長い老後へ向けて、個人の資産作りに活用すべきと考えます。



株メンター梶井 がお届けしました。

次回もお楽しみに。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪執筆者紹介≫

梶井 広行 (かじい ひろゆき)

信頼できる株・運用の相談相手「株メンター」

三菱UFJ国際投信 元ファンドマネージャー、
日本証券アナリスト協会検定会員

三菱UFJ国際投信、三菱UFJ信託銀行等にて日本株、Jリートのファンドマネージャー、
アナリストとして、機関投資家の年金・投信運用に延べ30年弱 携わる。
特に2007年以降、三菱UFJ国際投信にてJリート1000億超ファンドの責任者として
2017年まで10年間運用を担当し、複数の以下アワードを連続受賞。
 ・モーニングスターアワード2014 最優秀ファンド賞
 ・モーニングスターアワード2012、2013 優秀ファンド賞
 ・R&Iファンド大賞 2012~2015 優秀ファンド賞受賞
  (以上、国内REIT型 部門)
2017年末 三菱UFJ国際投信 退職。
2018年 信頼できる株・運用の相談相手「株メンター」として
投資教育業、コンサルティング業を創業。


(株メンターのご紹介)
●ウェブサイト:https://www.kabu-mentor.com
・市況見通し等、ブログを日々更新しています。
・オリジナル小冊子 「株式投資成功へのヒント」を 
無料ダウンロード出来ます。ご自由に活用下さい。

●Facebookページ「株メンター」:
https://www.facebook.com/kabu.mentor
  ・ブログを転載しています。ご一覧下さい。



━━【アドレスの登録・変更・削除】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ変更、削除はこちらから手続きをしてください。

※変更の場合は、現在、配信中のアドレスの解除をした後、新しいアドレスで
 メルマガに新規登録をしてください。

⇒ https://www.fplabo.co.jp/fplabo/magazine/front.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 FP E-PRESS(エフピーエプレス) 』(以下「本サービス」)は
株式会社エフピー研究所(以下「当社」)が発行するメールマガジンです。
本サービスの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・再配信などを行うこと
はできません。また、当社はご利用者様の本サービスご利用により生じた損害に
つきましては、その責を負いません。

※このメールマガジンは送信専用アドレスから配信されたものです。
 本メッセージの返信メールに対するご対応はいたしかねますので、
 あらかじめご了承願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:株式会社エフピー研究所
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル 3F
発行者:エフピー研究所
編集者:小島 三佳
URL : http://www.fplabo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ƌv̂‚