FP向けメールマガジン FP E-PRESS

【FP E-PRESS】『退職時の社会保険』【FPコラム】/帰ってきた酔いどれFPコラム(Vol.920 2018/12/12)


■□■□■ FP E-PRESS(エフピーエプレス)(Vol.920 2018/12/12)■□■□■


こんにちは。
エフピー研究所 メルマガ担当のコジマです。

年末でお忙しい時期かと思いますが、エフピー研究所では今週末15日(土)
にセミナーを3つ用意しています。
東京は「住宅ローン相談術」、「金融犯罪の現状と資産防衛術」、
名古屋では「家計管理アドバイス」です。
下記に詳細を掲載しています。
締切は迫っていますが、このメルマガをご覧になってすぐお申込み頂ければ
まだまだ受付は可能です!
ご検討されてる方はお早めにお申込み下さいませ。


さて、今週はこちら。

━【 今週のラインアップ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● FP継続教育 通信・通学講座

● FP名人無料説明会のご案内

● 帰ってきた
  酔いどれFPのきまぐれコラム

● FP業務 お役立ちコラム


━━【 FP継続教育 通信・通学講座 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ご好評につき、インターネット特別割引を継続いたします!!
             2,900円(税込)で最大30単位の取得が可能に!
 ・今日から始めるインターネット継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/index2.php
  スマートフォン⇒ http://www.kyoukara.jp/sp


■ パソコン・インターネットが苦手な方には、テキスト(冊子)でも受講可能です。
 ・今日からはじめる速達便継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/paper/ tel⇒ 03-5803-2167


■ 弊社では、上記の通信講座の他にも、現場で活躍するプロからの生の声で学べる
通学セミナーも実施しています。


・締切迫る、12月のセミナーはコチラ


◆12月15日(土) 10:00-16:00
<名古屋開催>
「実践的家計管理アドバイス~事例を基にアドバイスを考える」
 講師:菅田 芳恵
 単位:実務倫理 6単位
 会場:名古屋企業福祉会館
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=141


◆12月15日(土) 13:30-17:30
「[特別]年200組超の相談FPが実践!信頼されリピーターが生じる
                   住宅ローン相談術」
 講師:平野 雅章
 単位:ライフ 4単位
会場:サニー貸会議室
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=50


◆12月15日(土) 10:00-16:00
「金融犯罪の現状と資産防衛術~詐欺からPC犯罪まで」
 講師:明石 久美
 単位:実務倫理 6単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=89


◆12月19日(水) 10:00-16:00
「『FP名人』ソフトを極める! 
         使いこなし&コンサル講座(基礎編)」
 講師:小川 満啓
 単位:対象外
 会場:早稲田奉仕園
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=134


◆12月23日(日) 10:00-16:00
「5時間で学べる公的年金~年金達人FPになるために」
 講師:相川 裕里子
 単位:ライフ 6単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=143


・1月のセミナーはコチラ


◆1月12日(土) 13:30-16:30
「知識ゼロからスタートできる!法人保険”超実践講座”プレセミナー」
 講師:篠崎 啓嗣
 単位:対象外
 会場:TKP神田駅前ビジネスセンター カンファレンスルーム5G
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=166


◆1月23日(水) 10:00-16:00
「『FP名人』ソフトを極める! 
         使いこなし&コンサル講座(基礎編)」
 講師:小川 満啓
 単位:対象外
 会場:大阪科学技術センター 
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=129


◆1月26日(土) 10:00-12:00
「ファイナンシャルプランナー独立への道」
 講師:井上 昇
 単位:倫理 2単位
 会場:中小企業会館
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=163


◆1月26日(土) 13:00-14:00
「シニア【起業】入門~起業の視点からとらえるFP独立開業準備」
 講師:阿部 重利
 単位:倫理 1単位
 会場:中小企業会館
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=164


◆1月26日(土) 14:30-17:00
「2019年経済予測・大展望~金利、株価、為替はどう動く」
 講師:阿部 重利
 単位:金融 2.5単位
 会場:中小企業会館
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=165


◆1月26日(土) 10:00-16:00
「シニア顧客を満足させる年金、住宅ローン、保険のお得情報
                    と提案の仕方」
 講師:太田 幸美
 単位:ライフ 6単位
 会場:文京シビックセンター
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=162


◆1月27日(日) 10:00-16:00
「相談経験が豊富なFPが教える!!保険見直し実践テクニック」
 講師:小川 満啓
 単位:リスク 6単位
 会場:文京シビックセンター
  詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=58

 
━━【 FP名人 無料説明会のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━━

【新規ご購入を検討中のお客様へ】

■■□ 概要 ■■□

・FP名人の新規購入をご検討中の方を対象とした説明会です。
・事前予約制、約30分+質疑応答の説明会(無料)となります。
・遠方の方には、オンライン説明を実施いたします
(日程は個別に調整。平日の10時~17時のみ)

◆通常無料セミナー
 エフピー研究所では、FP名人無料説明会開催を定期的に開催しております。
「実際の操作画面を見てみたい、質問したい」という方は、是非、ご参加
ください!

■■□ 開催日程(会場:エフピー研究所会議室)■■□ 
 
 12/19(水)、12/26(水)
  10:00~、東京都文京区本郷にあるエフピー研究所会議室で開催します。

 ※申し込みはコチラから
 https://www.fptool.jp/event/

*お申し込みの際は、コメント欄に「ご参加人数」を明記下さい。


■■□オンライン説明会ご希望の方へ■■□ 
(日程は個別調整・平日10時~17時)

下記までメールにてご連絡下さい。
追って、こちらより日程調整のご連絡を入れさせていただきます。

●メール件名:FP名人無料説明会オンライン希望
●お名前・会社名(業種)・ご住所・電話番号 を本文にご記載下さい。
●メール送信先:higaki@fplabo.co.jp


全国どこにお住まいの方も、パソコン、タブレット端末があれば
どなたでもご参加いただけます。

皆様のお申し込みをお待ちしております。


━━【 帰ってきた酔いどれFPのきまぐれコラム】━━━━━━━━━━━━


『帰ってきた酔いどれFP

          【第282回】 ~京都の巻(前半)~ 』


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
皆さんこんにちは!
当エフピー研究所創立者の 石田 です。

月曜日は大阪でセミナーがあったので大好きな京都に前泊。
日曜日京都に早めに入り、山科に紅葉を見に行きましたが、まだ早く残念。

偶然見つけて歩いた琵琶湖疏水(そすい)の遊歩道がすばらしく良かったです。
ゆっくりと水路ぞいを歩きます。歩くこと2時間。
まだまだ京都でも新しい発見ができるものなんだと感激しました。

夜の飲み屋は今回は新規開拓することとしました。
ネットのキーワード検索は「美人女将」。

■そして見つけたのが二条にある『美ずき』。
日本酒が充実しているお店。女将さんは着物が似合う落ち着いた女将。
お店の中に箱庭がある日本酒に合う雰囲気。カウンター中心の小さなお店です。
まずは、おすすめの日本酒から。

いつの間にか、おとなりのご常連年配夫婦と仲良しに。
息子さんがニューヨークで料理長としてがんばっていらっしゃるとのこと。
本当に世界はせまくなったなあと感じました。

ご夫婦が帰られた後に来たのがフランス料理店のスタッフとして頑張っている
30歳の若者。

色々話している中で、翌日、私が常連にする『楽庵』に一緒に飲みに行くことを約束。
その若者小林君が前から行ってみたかったお店だそうです。
これもご縁です。

その他のお店に来られたお客さんたちとも楽しく談笑しました。
すっかり楽しい夜となりました。
これだから酒を飲むのは辞められません。(翌日サプライズが・・・)

つづく。


<追伸> *~石田より~*
皆様との交流を大切に考えています。わたしへの応援メッセージ待ってま~す。
ヨロシク!メッセージはこちらまで!
↓↓↓↓↓↓↓↓
ask@fplabo.co.jp


※今回登場したお店一覧(食べログ等のURLを掲載しています)

【美ずき】
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26029889/


【楽庵】
https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26000829/



━━【 お役立ちコラム 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『退職時の社会保険』



   (執筆者:社会保険労務士・CFP 菅野美和子)
             


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
会社に勤務しているときは、社会保険について特に考えることがなかった人も、

退職にあたっては社会保険について理解し、自分にとってよい選択をしなければ

なりません。

退職後の社会保険について、ポイントを確認しましょう。


1、退職後の医療保険


退職後の医療保険は次の3つから選択します。

a.これまでの健康保険を継続する(任意継続被保険者になる)
b.国民健康保険に加入する
c.家族が加入する健康保険の被扶養者となる

この中で保険料を節約できるのは、c.の被扶養者です。

健康保険では扶養家族が増えても保険料が増えることはありませんので、

実質的に負担なしで医療保険に加入することができます。

しかし、家族の中に健康保険に加入している人がいなければ被扶養者にも

なれません。

また、本人の収入によっては被扶養者として認定されないこともあります。


退職後は本人の給与収入はゼロになりますが、失業後に受給する雇用保険

からの失業給付も収入に入ります。

60歳未満の人は原則として年収130万円未満が要件となりますので、雇用保険

からの基本手当1日分が3,612円以上の場合、基本手当の給付日数にかかわらず、

被扶養者としては認定されません。


ただし、自己都合退職の場合には3ヵ月の給付制限期間があり、その間、

基本手当が支給されず、収入はゼロとなります。

そのため、給付制限期間中は被扶養者として認定されます。

いったん扶養家族となっても、給付制限が終了すれば、被扶養者からはずれ、

今後は国民健康保険に加入します。


被扶養者になれない人は、任意継続、あるいは国民健康保険を選択すること

になります。

選択のポイントは保険料です。

任意継続の場合は、退職時に負担していた保険料の2倍か、上限か、いずれか

低い方です。

協会けんぽの場合は標準報酬月額28万円に保険料率(都道府県毎に異なる)

を掛けた額が保険料の上限となります。


国民健康保険料(税)については、住民票のある市町村役場で確認します。

会社都合退職の場合は、保険料の減免措置があります。

退職理由を確認できる書類(離職票等)を市区町村の窓口へ持って行き確認

しましょう。

減免に該当すれば、任意継続より低い保険料となる可能性があります。


任意継続は退職後20日に手続きをしなければなりませんので、まずは、

医療保険の手続きから始めましょう。


なお、任意継続か国保かは保険料で決めればよいと説明しましたが、

会社で加入する健康保険組合によっては独自の上乗せ給付があり、任意継続

する方が有利になる場合もありますので、健康保険組合の給付内容を確認

することも大切です。


2、退職後の国民年金


退職時に20歳以上60歳未満の人は国民年金への手続きが必要です。

60歳以上の人は国民年金への加入義務はありませんので、60歳以降の定年

退職者は年金への加入手続きをする必要はありません。

しかし、60歳定年で退職した人も、20歳から60歳になるまでに国民年金の

未納期間があり、国民年金の加入期間が480月に満たない場合、任意加入する

ことができます。

任意加入し年金の受給額を増やしたいという場合は、すみやかに任意加入の

手続きを取ります。


強制加入の人が退職後に国民年金の手続きをしなかった場合、しばらくすると

年金事務所から文書が届き、納付書も届きます。

未納期間があると、この先不利益を受けることも考えられますので、手続きは

速やかにしておきましょう。

退職時に第3号被保険者である妻がいれば、夫の退職後は妻も国民年金の第1号

被保険者となりますので、妻の保険料納付義務が生じます。


退職後、保険料納付が困難な場合は、免除申請をしましょう。

失業の場合は、本人の前年の所得をゼロとして免除が判定されますので、市区町村

の国民年金課等で確認しましょう。

世帯の所得によっては、必ずしも免除に該当するとは限りません。


3、退職後の雇用保険


雇用保険の手続きについては、退職後、勤務先から離職票が送られてきますので、

再就職を希望する人は、ハローワークで求職の申込みをします。

原則として1年以上雇用保険の加入期間があるなど、条件を満たして退職した人には、

失業中、基本手当が支給されます。

基本手当は、退職理由によって給付日数が異なります。

離職票に記載された離職理由が事実と異なる場合(例えば会社都合で退職したのに

自己都合となっているなど)は、ハローワークで相談します。

基本手当の額は退職前6ヵ月間に支給された給与(賞与は除く)によって決定され

ますが、年齢により上限があるので、給料の高い人が多く受け取れるとは限りません。


再就職に当たり、職業訓練を受けることもできます。

資格や技術を身について再就職したいと考える場合は、ハローワークで相談しましょう。


病気や妊娠出産で退職し、すぐには働けないという場合は、本来は退職後1年間が基本

手当の受給期間ですが、その受給期間を延長することもできますので、ハローワークで

延長の申請をします。


退職後は、医療保険、国民年金、雇用保険という順番で手続きを進めると、無駄なく

手続きできます。

FPとしてはそれぞれのポイントを説明し、期限が過ぎて手続きできなかった、

知らずに損をしたということがないようにアドバイスしてください。



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
≪執筆者紹介≫

菅野美和子

社会保険労務士・CFP

年金・社会保険分野を中心に、講演や執筆業務を行う。
障害年金・困難な遺族年金の請求を行う。
西日本新聞にコラム「やりくり家計術」を毎週金曜日連載中。


━━【アドレスの登録・変更・削除】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ変更、削除はこちらから手続きをしてください。

※変更の場合は、現在、配信中のアドレスの解除をした後、新しいアドレスで
 メルマガに新規登録をしてください。

⇒ https://www.fplabo.co.jp/fplabo/magazine/front.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 FP E-PRESS(エフピーエプレス) 』(以下「本サービス」)は
株式会社エフピー研究所(以下「当社」)が発行するメールマガジンです。
本サービスの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・再配信などを行うこと
はできません。また、当社はご利用者様の本サービスご利用により生じた損害に
つきましては、その責を負いません。

※このメールマガジンは送信専用アドレスから配信されたものです。
 本メッセージの返信メールに対するご対応はいたしかねますので、
 あらかじめご了承願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:株式会社エフピー研究所
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル 3F
発行者:エフピー研究所
編集者:小島 三佳
URL : http://www.fplabo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ƌv̂‚