FP向けメールマガジン FP E-PRESS

【FP E-PRESS】『定期分配型ファンドに新たなトレンド?』【FPコラム】/(Vol.943 2019/6/5)


■□■□■ FP E-PRESS(エフピーエプレス)(Vol.943 2019/6/5) ■□■□■


こんにちは。
エフピー研究所 メルマガ担当のコジマです。

6月もエフピー研究所では継続教育セミナーを多数ご用意しております。
詳しくは下記をご覧ください。
ご参加をお待ちしております。


さて、今週はこちら。


━【 今週のラインアップ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● FP継続教育 通信・通学講座

● FP名人無料説明会のご案内

● FP業務 お役立ちコラム


━━【 FP継続教育 通信・通学講座 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ご好評につき、インターネット特別割引を継続いたします!!
             2,900円(税込)で最大30単位の取得が可能に!
 ・今日から始めるインターネット継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/index2.php
  スマートフォン⇒ http://www.kyoukara.jp/sp


■ パソコン・インターネットが苦手な方には、テキスト(冊子)でも受講可能です。
 ・今日からはじめる速達便継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/paper/ tel⇒ 03-5803-2167


■ 弊社では、上記の通信講座の他にも、現場で活躍するプロからの生の声で学べる
通学セミナーも実施しています。


~~ セミナー案内 ~~
 

◆6月15日(土)【東京開催】10:00-16:00
◆7月22日(月)【大阪開催】10:00-16:00
「『FP名人』ソフトを極める! 
         使いこなし&コンサル講座(基礎編)」
 講師:小川 満啓
 単位:対象外
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=134


◆6月22日(土) 13:30-16:30
「FPとして知っておきたい障害年金のあらまし」
 講師:相川 裕里子
 単位:ライフ 3単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=175


◆6月22日(土) 13:00-17:00
「[特別]年200組超の相談FPの保険相談20事例とトレンド」
 講師:平野 雅章
 単位:リスク 4単位
詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=176
  

◆6月23日(日) 10:00-16:00
「家計管理アドバイス~低金利時代の資産運用と支出管理の実践 」
 講師:益山 真一
 単位:倫理 6単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=138
 

◆6月29日(土) 10:00-16:00
「FPに必須!亡くなる前にやっておきたい相続対策と終活対策」
 講師:明石 久美
 単位:相続 6単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=161


◆7月13日(土) 13:30-16:30
「[特別] 火災・生保で新規100件、年収2,000万円超を
実現する住宅購入者向け保険提案必勝法!(基礎編)」
 講師:鴨藤 政弘
 単位:対象外
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=66


◆7月18日(木)10:00-16:00
  -19日(金)10:00-16:00
 <2日間>
「[特別] マネーセミナー講師養成講座 
      集客の仕組作りと相談に繋げる話術を学ぶ」
 講師:今野隆文・馬場成一
 単位:倫理 AFP 7.5単位、CFP 10単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=173


◆7月21日(日) 10:00-16:00
「信頼関係構築とリピートにつながる相談力強化セミナー」
 講師:太田 幸美
 単位:倫理 5単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=177


◆7月27日(土) 10:00-16:00
「相談経験が豊富なFPが教える!!保険見直し実践テクニック」
 講師:小川 満啓
 単位:リスク 5単位
詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=58


◆8月29日(木) 【大阪開催】10:00-15:00
「『FP名人』ソフトを極める! 使いこなし&コンサル講座(応用編) 
 FP名人の中身を知り尽くした弊社のFP相談部門トップが
  仕事の幅が広がる時短ノウハウを公開!
<対面形式20分で作れるキャッシュフロー表作成術>」
 講師:今野 隆文
 単位:対象外
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=167



━━【 FP名人 無料説明会のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━━

【新規ご購入を検討中のお客様へ】

  ~~ 概要 ~~

・FP名人の新規購入をご検討中の方を対象とした説明会です。
・事前予約制、約30分+質疑応答の説明会(無料)となります。

■■□オンライン説明会■■□ 
(日程は個別調整・平日10時~17時)

全国どこにお住まいの方も、パソコン、タブレット端末があれば
どなたでもご参加いただけます!

下記までメールにてご連絡下さい。
追って、こちらより日程調整のご連絡を入れさせていただきます。

●メール件名:FP名人無料説明会オンライン希望
●お名前・会社名(業種)・ご住所・電話番号 を本文にご記載下さい。
●メール送信先:higaki@fplabo.co.jp

■■□会場での説明会をご希望の方■■□ 

FP名人無料説明会(約30分)を定期的に開催しております。
「実際の操作画面を見てみたい、質問したい」という方は、
是非、ご参加ください!
事前予約制になっておりますので、以下の開催スケジュールからお申込みください。

<開催スケジュール>

 6/19(水)10:00~
 東京都文京区本郷にあるエフピー研究所会議室で開催します。

 ※申し込みはコチラから
 https://www.fptool.jp/event/

*お申し込みの際は、コメント欄に「ご参加人数」を明記下さい。

皆様のお申し込みをお待ちしております。



━━【 お役立ちコラム 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『定期分配型ファンドに新たなトレンド?』



      (執筆者:有限会社ファイナンシャルリサーチ 深野 康彦)

―――――――――――――――――――――――――――――――――

一世を風靡した「毎月分配型投資信託」に資金流出が続いています。

運用実態より高い分配金を出す毎月分配型投資信託が相次いだこと。

金融機関が手数料稼ぎの道具として回転売買を行ったこと等を金融庁は問題視。

また、資産形成の観点から複利効果が期待できない投資信託であるという点を考慮

して、その販売方法等に指導がなされたのはご存じのFPも多いはずです。

結果として、ピーク時43兆円(2015年5月末)だった純資産総額は23兆円

(2019年4月末)まで約4年で急減しているのです。

全体では急減している毎月分配型投資信託ですが、東京海上アセットマネジメントが

運用する「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)」、日興アセット

マネジメントが運用する「スマート・ファイブ(毎月決算型)のように、1年間

(2018年)で1000億円以上の純資産流入があった投資信託もあるのです。

見方を変えれば、資産を自分自身で取り崩すことに抵抗がある高齢者には、根強い

人気があるといえる毎月分配型投資信託。

このまま衰退していくのではなく、既に新たなタイプのファンドが人気を集め始めて

いることを見逃してはならないでしょう。


新たなトレンドを形成しつつある毎月分配型投資信託は「目標分配金提示型」と

「目標払い出し型」の2種類です。

いずれも無理して高い分配金を出さない点に特徴があります。

目標分配金提示型は、基準価額の水準を勘案して分配金を出すファンドです。

たとえば、基準価額が10000円から11000円の場合、分配金は1万口当たり

100円、基準価額が11000円から12000円の場合、分配金は同200円、

基準価額が12000円から13000円の場合、分配金は同300円などというように、

あらかじめ分配金が決められているのです。アライアンス・バーンスタインが運用する

「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Cコース毎月決算型(為替ヘッジあり)、

Dコース(為替ヘッジなし)予想分配金提示型」などが該当する投資信託です。

同投信、既に運用が開始されてから4年半が経過しているのですが、たとえば2019年の

1万口当たりの毎月の分配金は1月は0円、2月は100円、3月は100円、4月は200円、

5月は100円です。

1月の分配金が0円なのは、基準価額が10000円を下回っていたためです。


目標分配金提示型は、基準価格が10000円から11000円の場合、分配金は100円

などと切りの良い金額で分配金が支払われるルールが決まっていてわかりやすい。

基本的に組入資産からのインカムゲイン、キャピタルゲインから分配金を支払い、かつ運用実態

に即した分配金を出す方針であることから、投資家の誤解を招くことはない点がメリットと

いわれています。

反面、毎月決算型という名称ながらも、基準価額が10000円を下回っていると分配金が

支払われないこともあるのです(投資家が毎月支払われると誤解していた面もある)。

事実、1例をあげたアライアンスの投資信託、2016年は1年間まったく分配金は支払われ

なかったのです(為替ヘッジなしタイプ)。


一方、目標額払い出し型ファンドは、年率3%や5%などの定率、あるいは月額50円などの定額

というように、あらかじめ分配目標が決まっていて、その決められた目標通りに分配金が支払われる

タイプです。

基本的に組入資産からのインカムゲイン、キャピタルゲインから分配は行われますが、運用状況

によっては基準価額からの払い出し、いわゆる「タコ足」でも分配するところが、目標分配金提示型

とは異なる点です。

ただ、分配金の目標水準が小さいことから、分配金により基準価額がドンドン下がっていくリスクは

低いといわれています。

たとえば、アセットマネジメントOneが運用する「世界高配当株セレクト(目標払い出し型)毎月決算

・為替ヘッジなしコース、為替ヘッジありコース」などが該当する投資信託です。

同投信では、原則として1年ごとに到来する特定日(分配金更新基準日)の純資産価格に所定の分配率

(年当たり17.4%)を乗じて得た額としてその1口当たりの分配金が決定され、それを12ヵ月で

割った金額が毎月支払われることになります。

このファンドは分配率が高めであることから、タコ足分配が続くと基準価額は大きく下がる傾向にあります。

目標払い出し型は、全体的にバランス型ファンドが多く、また分配金を支払う頻度もファンドによって

まちまちとなっています。

目標払い出し型のメリットは、「収益の分配金」ではなく、「払い出しによる分配金」とうたっている

ことから、投資家が分配金は利益から支払われているという誤解が生じにくいといわれています。

誤解は生じにくいものの、目標払い出し型の商品性は、これまでの毎月分配型投資信託と何が違うのか?

というあいまいな点がある気がしてなりません。


定期的に分配金を得たいといニーズが高い高齢者向けのファンドといえる「目標分配金提示型」と

「目標払い出し型」の投資信託。新たなトレンドを築いていくのが興味津々です。

ちなみに、2019年4月末現在、目標分配金提示型の全ファンドの純資産総額は約5000億円、

目標払い出し型は約2000億円です。


―――――――――――――――――――――――――――――――――
≪執筆者紹介≫

深野 康彦(ふかの やすひこ)

有限会社ファイナンシャルリサーチ代表 
ファイナンシャルプランナー

1962年生まれ。大学卒業後、クレジット会社を経て独立系FP会社に入社。
FP業界歴31年(2019年4月現在)を誇るベテランの1人。
金融資産運用設計を研鑽して1996年に独立。
現在の有限会社ファイナンシャルリサーチは2006年に設立(起業2社目)。
さまざまなメディアやセミナーを通じて、資産運用のほか、住宅ローンや生命保険、
あるいは税金や年金などのお金周り全般についての啓蒙を行っている。
日本経済新聞夕刊「投信番付」のほか連載多数。新聞・マネー雑誌、経済誌などへの
執筆・取材協力および金融商品などのデータ提供を行いながら、テレビ、ラジオにも
多数出演している。

主な著書:『これから生きて行くために必要なお金の話を一緒にしよう』
(ダイヤモンド社)
     『会社が傾いても自分だけは大丈夫病』(講談社)
     『あなたの毎月分配型投資信託が危ない!』(ダイヤモンド社)
     『1万円から始めるETF投資』(日本経済新聞出版社)など多数



━━【アドレスの登録・変更・削除】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ変更、削除はこちらから手続きをしてください。

※変更の場合は、現在、配信中のアドレスの解除をした後、新しいアドレスで
 メルマガに新規登録をしてください。

⇒ https://www.fplabo.co.jp/fplabo/magazine/front.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 FP E-PRESS(エフピーエプレス) 』(以下「本サービス」)は
株式会社エフピー研究所(以下「当社」)が発行するメールマガジンです。
本サービスの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・再配信などを行うこと
はできません。また、当社はご利用者様の本サービスご利用により生じた損害に
つきましては、その責を負いません。

※このメールマガジンは送信専用アドレスから配信されたものです。
 本メッセージの返信メールに対するご対応はいたしかねますので、
 あらかじめご了承願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:株式会社エフピー研究所
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル 3F
発行者:エフピー研究所
編集者:小島 三佳
URL : http://www.fplabo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ƌv̂‚