FP向けメールマガジン FP E-PRESS

【FP E-PRESS】『人生100年で2000万円不足、にJリート』【FPコラム】/(Vol.945 2019/6/19)


■□■□■ FP E-PRESS(エフピーエプレス)(Vol.945 2019/6/19) ■□■□■


こんにちは。
エフピー研究所 メルマガ担当のコジマです。

今回のお役立ちコラムは、おなじみ株メンターからのJリートについてのご紹介です!


さて、今週はこちら。


━【 今週のラインアップ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● FP継続教育 通信・通学講座

● FP名人無料説明会のご案内

● FP業務 お役立ちコラム


━━【 FP継続教育 通信・通学講座 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ ご好評につき、インターネット特別割引を継続いたします!!
             2,900円(税込)で最大30単位の取得が可能に!
 ・今日から始めるインターネット継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/index2.php
  スマートフォン⇒ http://www.kyoukara.jp/sp


■ パソコン・インターネットが苦手な方には、テキスト(冊子)でも受講可能です。
 ・今日からはじめる速達便継続教育
  WEB⇒ http://www.kyoukara.jp/paper/ tel⇒ 03-5803-2167


■ 弊社では、上記の通信講座の他にも、現場で活躍するプロからの生の声で学べる
通学セミナーも実施しています。


~~ セミナー案内 ~~
 
◆6月22日(土) 13:30-16:30
「FPとして知っておきたい障害年金のあらまし」
 講師:相川 裕里子
 単位:ライフ 3単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=175


◆6月23日(日) 10:00-16:00
「家計管理アドバイス~低金利時代の資産運用と支出管理の実践 」
 講師:益山 真一
 単位:倫理 6単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=138
 

◆6月29日(土) 10:00-16:00
「FPに必須!亡くなる前にやっておきたい相続対策と終活対策」
 講師:明石 久美
 単位:相続 6単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=161


◆7月13日(土) 13:30-16:30
「[特別] 火災・生保で新規100件、年収2,000万円超を
実現する住宅購入者向け保険提案必勝法!(基礎編)」
 講師:鴨藤 政弘
 単位:対象外
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=66


◆7月18日(木)10:00-16:00
  -19日(金)10:00-16:00
 <2日間>
「[特別] マネーセミナー講師養成講座 
      集客の仕組作りと相談に繋げる話術を学ぶ」
 講師:今野隆文・馬場成一
 単位:倫理 AFP 7.5単位、CFP 10単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=173


◆7月21日(日) 10:00-16:00
「信頼関係構築とリピートにつながる相談力強化セミナー」
 講師:太田 幸美
 単位:倫理 5単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=177


◆7月22日(月)10:00-16:00
【大阪開催】
「『FP名人』ソフトを極める! 
         使いこなし&コンサル講座(基礎編)」
 講師:小川 満啓
 単位:対象外
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=134


◆7月27日(土) 10:00-16:00
「相談経験が豊富なFPが教える!!保険見直し実践テクニック」
 講師:小川 満啓
 単位:リスク 5単位
詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=58


◆8月29日(木)10:00-15:00
【大阪開催】
「『FP名人』ソフトを極める! 使いこなし&コンサル講座(応用編) 
 FP名人の中身を知り尽くした弊社のFP相談部門トップが
  仕事の幅が広がる時短ノウハウを公開!
<対面形式20分で作れるキャッシュフロー表作成術>」
 講師:今野 隆文
 単位:対象外
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=167


◆8月30日(金)10:00-16:00
「[特別] 売り上げあと年500万円アップ! FP開業15年のMDRTが伝授!
 倉田晴彦流「超実践」生き残るFP
          ブランディング&コンサル術のすべて」
 講師:倉田 晴彦
 単位:対象外
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=178


━━【 FP名人 無料説明会のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━━

【新規ご購入を検討中のお客様へ】

  ~~ 概要 ~~

・FP名人の新規購入をご検討中の方を対象とした説明会です。
・事前予約制、約30分+質疑応答の説明会(無料)となります。

■■□オンライン説明会■■□ 
(日程は個別調整・平日10時~17時)

全国どこにお住まいの方も、パソコン、タブレット端末があれば
どなたでもご参加いただけます!

下記までメールにてご連絡下さい。
追って、こちらより日程調整のご連絡を入れさせていただきます。

●メール件名:FP名人無料説明会オンライン希望
●お名前・会社名(業種)・ご住所・電話番号 を本文にご記載下さい。
●メール送信先:higaki@fplabo.co.jp


皆様のお申し込みをお待ちしております。


■■□会場での説明会をご希望の方■■□ 

FP名人無料説明会(約30分)を定期的に開催しております。
「実際の操作画面を見てみたい、質問したい」という方は、
是非、ご参加ください!
事前予約制になっておりますので、以下の開催スケジュールからお申込みください。

<開催スケジュール>

 7/3(水)10:00~
 東京都文京区本郷にあるエフピー研究所会議室で開催します。

 ※申し込みはコチラから
 https://www.fptool.jp/event/

*お申し込みの際は、コメント欄に「ご参加人数」を明記下さい。

皆様のお申し込みをお待ちしております。



━━【 お役立ちコラム 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『第13回「人生100年で2000万円不足、にJリート」』


(執筆者:株メンター 梶井 広行)

――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、株メンターです。

先月下旬の5月と思えない猛暑には驚きましたね、今年は昨年のような猛暑・天候不順は
勘弁してほしいと切に願います。
さて、資産運用の相談相手、株メンターが資産作りに最適なJリートについて
ご紹介するシリーズ、今回は第13回目「人生100年で2000万円不足、にJリート」です。

先日金融庁は、人生100年時代を見据えた資産形成を促す「高齢社会における資産形成・管理」
という報告書を公表しました。
「夫 65 歳以上、妻 60 歳以上の夫婦のみの無職の世帯では(年金収入に頼った生活設計だと)
毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ 20~30 年の人生があるとすれば、不足額の
総額は単純計算で 1,300 万円~2,000 万円になる。」とあります。
これに対しidecoや、つみたてNISA等の制度を生かした長期積立投資を同報告書では推奨しています。

確かに、年金に頼り切るのは不安です。そしてだからこそ、これに備えてJリートを是非活用
すべきだと考えます。

【長期積立投資には、安定高配当な投資先を】

資産形成の基本は長期積立投資、そしてそのためには安定高配当な投資先が必要です。
そこで、私が最も推奨するのがJリートです。
当コラムでも指摘してきましたが、《Jリートは配当の安定感、が他の投資先と大きく違います。》
他の投資先の場合は、高い配当の水準が長期間安定しないことも多いです。
例えば高配当株は、企業の業績が悪化するとすぐ減配、となります。
また海外の高利回り債などは、為替リスクが大き過ぎます。債券の利回りが20%でも為替でー50%、
などということにもなりかねません。
Jリートの使い方については、idecoやつみたてNISAで組み入れられれば最高なのですが、
残念なことにこれら制度では決められた投信等しか買えず、Jリート投資が思うに任せない
(つみたてNISAの投資先では、純粋なJリート投信はない)こともあります。
是非ご自身で直接Jリートの個別銘柄にもトライしてみて頂きたいと思います。

【株、海外ものはタイミング次第 積立投資はJリートで】

資産形成を考える際には資産配分が最も大切で、この配分の仕方が運用成果に直結します。
一般に国内債券や国内株、海外債券・株等に分散しますが、単に分散すればいいという
ものではありません。
分散の際に何が大切かというと、それはタイミングです。
組み入れるなら、タイミングを見極める必要があると思います。
《分散投資は、投資先の分散、だけでなく、時間の分散、量の分散(バランス)も重要です。》
ideco等でも一度に複数の資産に同時に組み入れたりしますが、これではタイミングの分散が
出来ておらず、健全な投資とは言えないと考えます。
株や海外ものは、値上がり益狙いの投資なので、組入れ時の価格次第で投資成果に大きな違い
が出てしまいます。
今の米国株のように株価が長期的に上昇を続けている時、また海外債券・株式の場合は為替が
円安に傾いている時などは、長期投資のタイミングとして良いとは言えません。
一方、Jリート投資でお勧めするのは配当狙いの投資です。Jリート各社の配当水準が安定
しており、一方で投資口価格は足元割安なため比較的高いインカムリターンが得られます。
長期積立投資であれば途中売却する必要はないので、投資口価格が保有中に一時的に下落
しても、売らなければ損は実現せず、保有期間中は着実に配当を得られます。
Jリートはスケールメリットを追求する成長志向の強い企業なので、10年20年と長期で
保有すれば、業績拡大に伴う一口当たり配当の増加や投資口価格の上昇が期待できます。
つまり、Jリートは長期の積立投資向きといえます。

【投資信託の保有コストは長期投資の敵】

資産形成を考える際、皆さんからどの投資信託がいいか、とよく聞かれます。
元投信会社の私からすると実はこれには違和感があります。購入手数料が掛かるものが大半で、
さらに保有期間に応じて管理料(信託報酬)が掛かります。
これらコストは特に長期の投資成果には大きなマイナスです。
また、元FMが自己否定するようですが、一概にプロに委託するから安心、とも言えません。
事実、各投信の運用成績、つまりFMの運用力には大きな差があります。
私は、やはりできるだけコストの掛からないJリートや株式の個別銘柄に直接投資してみる
ことをお勧めします。少しずつ学びを深め、最初は実際のお金を使わずシミュレーションで
ペーパー売買をしてみて、自信が持てるようになったら徐々に少額で始めてみるのも一案です。


以上、株メンター梶井 がお届けしました。
次回もお楽しみに。


なお、「株メンター」は登録商標です。
ウェブサイトをご覧頂ければ、オリジナル小冊子『株式投資成功へのヒント』を
無料ダウンロード出来ます。ご自由にご活用下さい。
また、市場の先行きを見通すヒントが得られる無料毎日コラムも配信中です。
各種お問い合わせについても、当サイトからどうぞ。
(株メンターのご紹介)
●ウェブサイト:
https://www.kabu-mentor.com
・無料オリジナル小冊子・無料コラムはこちらから。

●Facebookページ「株メンター」:
https://www.facebook.com/kabu.mentor
・スマホで気軽にどうぞ。応援、お待ちしています。

------------------------------------------------

≪執筆者紹介≫

梶井 広行 (かじい ひろゆき)

信頼できる株・運用の相談相手「株メンター」

三菱UFJ国際投信 元ファンドマネージャー、
日本証券アナリスト協会検定会員

三菱UFJ国際投信、三菱UFJ信託銀行等にて日本株、Jリートのファンドマネージャー、
アナリストとして、機関投資家の年金・投信運用に延べ30年弱 携わる。
特に2007年以降、三菱UFJ国際投信にてJリート1000億超ファンドの責任者として
2017年まで10年間運用を担当し、複数の以下アワードを連続受賞。
 ・モーニングスターアワード2014 最優秀ファンド賞
 ・モーニングスターアワード2012、2013 優秀ファンド賞
 ・R&Iファンド大賞 2012~2015 優秀ファンド賞受賞
  (以上、国内REIT型 部門)
2017年末 三菱UFJ国際投信 退職。
2018年 信頼できる株・運用の相談相手「株メンター」として
投資教育業、コンサルティング業を創業。


株メンターのご紹介
●ウェブサイト
オリジナル無料小冊子 「株式投資成功へのヒント」 
ウェブサイトからダウンロード出来ます。
https://www.kabu-mentor.com
●Facebookページ「株メンター」 ご一覧下さい。
https://www.facebook.com/kabu.mentor



━━【アドレスの登録・変更・削除】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ変更、削除はこちらから手続きをしてください。

※変更の場合は、現在、配信中のアドレスの解除をした後、新しいアドレスで
 メルマガに新規登録をしてください。

⇒ https://www.fplabo.co.jp/fplabo/magazine/front.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 FP E-PRESS(エフピーエプレス) 』(以下「本サービス」)は
株式会社エフピー研究所(以下「当社」)が発行するメールマガジンです。
本サービスの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・再配信などを行うこと
はできません。また、当社はご利用者様の本サービスご利用により生じた損害に
つきましては、その責を負いません。

※このメールマガジンは送信専用アドレスから配信されたものです。
 本メッセージの返信メールに対するご対応はいたしかねますので、
 あらかじめご了承願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:株式会社エフピー研究所
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル 3F
発行者:エフピー研究所
編集者:小島 三佳
URL : http://www.fplabo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ƌv̂‚