FP向けメールマガジン FP E-PRESS

【FP E-PRESS】『強いこだわりを伴う“引きこもり”で障害年金を受給』【FPコラム】/(Vol.984 2020/3/25)


■□■□■ FP E-PRESS(エフピーエプレス)(Vol.984 2020/3/25) ■□■□■

こんにちは。
エフピー研究所 メルマガ担当のコジマです。

普段、何事もなく働ける状態でいると障害年金について考えたこともなかったの
ですが、引きこもりで受給できる場合があることを今回のコラムで知りました。
4/25(土)のセミナー「FPとして知っておきたい障害年金のあらまし」でニッチ
な障害年金について更に詳しくなってみませんか。


さて、今週はこちら。

━【 今週のラインアップ 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● FP継続教育 通信・通学講座のご案内

● FP名人無料説明会のご案内

● FP業務 お役立ちコラム

━━【 FP継続教育 通信・通学講座のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 「今日から始めるインターネット継続教育」利用期限は今月3月30日まで。
  AFP15単位,CFP30単位がたったの【2,700円+税】で取得可能。

  お申込みはコチラから
   WEB⇒ https://www.kyoukara.jp/index2.php
   スマートフォン⇒ https://www.kyoukara.jp/sp

  ※「キャッシュレス・消費者還元事業」対象です。(5%還元)

   
■ 「今日からはじめる速達便継続教育」テキスト(冊子)版
  (パソコン・インターネットが苦手な方におススメ)

  お申込みはコチラから
   Tel⇒ 03-5803-2167   
   WEB⇒ https://www.kyoukara.jp/paper


~~ 名古屋開催通学セミナー ~~


◆4月26日(日) 10:00-16:00
「実践的家計管理アドバイス~事例を基にアドバイスを考える」
講師:菅田 芳恵
単位:実務倫理 5単位
詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=141


~~ 東京開催通学セミナー ~~


◆4月19日(日) 13:00-17:30
「[特別]年200組超の相談FPが実践!
  信頼されリピーターが生じる住宅ローン相談術」
 講師:平野 雅章
 単位:ライフ 4.5単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=50


◆4月22日(水) 10:00-16:00
「[特別]『FP名人』ソフトを極める! 
         使いこなし&コンサル講座【基礎編】」
講師:小川 満啓
単位:対象外
詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=134
  ※FP名人ソフト同時申込割引(5,000円OFF) 有


◆4月25日(土) 13:30-16:30
「FPとして知っておきたい障害年金のあらまし」
 講師:相川 裕里子
 単位:ライフ 3単位
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=175

※注目!! 今回のコラム、「強いこだわりを伴う
“引きこもり”で障害年金を受給」を
ご執筆いただきました、相川講師によるセミナーです。


◆4月26日(日) 10:00-16:00
「キャリア30年の元最大手ファンドマネージャーによる
                金融市場・株式市場の見方」
講師:梶井 広行
 単位:金融 5単位
詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=158


◆5月21日(木) 10:00-15:00
「『FP名人』ソフトを極める 使いこなし&コンサル講座【応用編】 
 FP名人の中味を知り尽くした弊社のFP相談部門トップが
            仕事の幅が広がる時短ノウハウを公開!
<対面形式20分で作れるキャッシュフロー表作成術>」
 講師:今野 隆文
 単位:対象外
 詳細:https://www.kyoukara.jp/school/?detail=155
  ※ユーザー割引(20,000円OFF)有!



━━【 FP名人 無料説明会のご案内 】━━━━━━━━━━━━━━━━━

【FP名人新規ご購入を検討中のお客様へ】

  ~~ 概要 ~~

・FP名人の新たに購入することを検討中の方を対象とした説明会です。
・事前予約制、約30分+質疑応答の説明会(無料)となります。
・オンライン説明も実施しています。

「実際の操作画面を見てみたい、質問したい」という方は、ぜひご参加ください!

■■□オンライン説明会をご希望の方■■□

 全国どこにお住まいの方も、パソコン、タブレット端末があれば
 どなたでも参加できます!
 関東圏にお住まいの方でも、外出を控えたい方は参加できます!

 開催日程は、会場での無料説明会開催日以外の平日10:00~です。

 以下の問い合わせフォームにて、お客様情報ご記載の上、
 問合せ内容に、「FP名人無料説明会オンライン希望」および
 説明希望日(可能であれば複数)を記載して、問合せください。
 https://www.fptool.jp/contact/
 後ほど、決定した説明日を案内させていただきます。


■■□会場での説明会をご希望の方■■□

 
 会場での説明会は、昨今の新型コロナウィルスの影響を鑑みて、
 4月以降の開催を予定しております。

 4月8日(水)4月22日(水)10:00~、を予定

 東京都文京区本郷にあるエフピー研究所会議室で開催します。

 お申し込みはコチラから
 https://www.fptool.jp/event/
 ※コメント欄に「ご参加人数」を明記ください。

皆様のお申し込みをお待ちしております。


━━【 お役立ちコラム 】━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『強いこだわりを伴う“引きこもり”で障害年金を受給』


              
         (執筆者:特定社会保険労務士 相川 裕里子)

――――――――――――――――――――――――――――――――――
 2019年内閣府の調査により、自宅に6ヵ月以上閉じこもる40~64歳の

「引きこもり」が、61.3万人と推計されています。

16年に公表された同様の調査での15~39歳の引きこもり数は推計54.1万人。

合計で110万人超、人口の1%弱が引きこもりであることを表す、驚く

数字です。


 引きこもり状態の本人、家族から、障害年金を受けたいという相談

をいただくことがあります。

障害年金を知るきっかけは、

・何か支援を受けられないかネット検索した、

・相談機関から教えてもらった、

・受診した医療機関から話があった、

などそれぞれです。

そして実際、受給に繋がることがあります。


■病名がつくことに気づかない

 人は社会で相互に影響し合う存在です。

社会との接点を避けた生活を送る引きこもり状態は、確かに正常では

ありません。
ただ、だからといって必ずしも病気だとはいえず、一般的な感覚では

診断名はつきにくいと思われます。

それなのになぜ受給できたのかといえば、障害年金の対象になる診断名

がついたからにほかなりません。

 よくあるのは、引きこもり生活の途中で精神疾患を発症し、必要な

治療を受けていなかったケースです。

ようやく受診し、「うつ病」や「躁うつ病」、「統合失調症」などと

診断されることがあります。

これらは障害年金の支給対象になる病名です。

 一方、「強迫性障害」という病名がつく方もいます。

強いこだわりが出現し、やはり精神科で治療する病気ですが、この

病名だけでは、基本的には障害年金の対象になりません。

ところが、強迫性障害がありながら、まったく別の病名がつくことで

障害年金が支給される方たちがいます。


■「強迫性障害」を起こすさらなる原因

 強迫性障害は、自分では意味のないことだとわかっていても、そのこと

が頭から離れず、わかっていながら何度も同じ確認を繰り返します。

日常生活の支障になるほどの強迫性障害が、引きこもりの原因の一つ

になっていることもあります。

 たとえば、次のような症状が見られます。


・体をきれいにしなければ、という思いに囚われ、風呂掃除から入浴
を終えるまで、半日以上かかる

・清潔にこだわるあまり、本人が考える「完全に体を洗う」ことが
不可能であるため、かえって何年も入浴できなくなった

・せっけんを数日で使い切るほど、1日に何度も、毎回時間をかけて
洗うので、手洗いの時間だけでヘトヘトになっている

・出かけるときは鍵かけとガス元栓締めを、出かけた先では落し物
をしていないかを、何度も繰り返し確認し、気になると途中で
引き返すので、用事がなかなか終わらず外出が辛くなる


 これらは、明らかに異常なルーティンです。

本人もやめたいのですが、やめられない苦しさを感じています。


 強迫性障害は、基本的には障害年金の支給対象になりませんが、

診断名は「発達障害」でした。

そのため、支給されたのです。


■支給対象になる精神の病名

 ここで、障害年金の支給対象になる、精神での診断名を確認します。

次のとおりです。


・「統合失調症、統合失調型障害および妄想性障害」
・うつ病などの「気分(感情)障害」
・脳外傷や脳卒中による「症状性を含む器質性精神障害」
・「てんかん」
・「知的障害」
・「発達障害」


他方で、基本的には障害年金の支給対象とならない診断名もあります。

以前は「神経症」と呼ばれていた「不安障害」です。

強迫性障害もこのグループに入ります。

不安障害には、理由なく動悸、めまい、発汗などの発作を起こす

「パニック障害」、強烈なショック体験などが心のダメージとなって

時間が経ってからもその経験に対して強い恐怖を感じる「PTSD」など

があります(※1)。

※1…ただし、これらの診断名でも病態が「統合失調症」や「うつ病」
などである、と診断書に記載されているときは、支給対象の診断名に
準じて判断されます。


■診断名は「発達障害」

 障害年金が支給決定した、強迫性障害のある方たちの診断名は、

「自閉症スペクトラム障害」や「広汎性発達障害」(どちらも以前

の病名はアスペルガー症候群など)でした。

「発達障害」の1つです。

 この障害は、社会的な対人交流が苦手で、社会生活に適応しにくい、

強いこだわりなどの特徴があり、感覚過敏・鈍麻もあります。

 なお、発達障害の方すべてに強迫性障害が現れるわけではありません。

また、強いこだわりが、強迫性障害を出現させることがあると解明

されてきたことから、国際的な診断基準の最新版(※2)では、

「不安障害」から切り離して分類されています。

 ※2…ICD-11(世界保健機構)


■初診の前に年金保険料を調べる

 障害年金を受けるためには、次の条件をすべて満たしていること

が必要になります。


1.保険料の納付状況

…初診日の前々月から遡り、1年間、保険料の未納がないことなど
(初診日の前日時点)

2.障害の程度

…初診日から1年6ヶ月経った時点で、またはその後65歳までに年金法で
定める障害状態(日常生活を送ることに支障があるなど)であること

3.初診日の証明

…初診日に年金制度に加入していて、その日を医療機関が証明できること


 障害年金を考える場合、引きこもりの方の最初のハードルは、

お医者さんにかかることです。

何かしら治療の必要性を感じていても、受診できていないこと

もあるでしょう。

そんな方がこれから受診するなら、年金保険料の支払い状況を、

受診日より前に調べることをおすすめします。

 調べて条件を満たさなければ、これも受診前に、必要な手続き

をしてください。

上記のとおり、“初診日の前日”時点で審査されるためです。

支払い期間が足りないからといって、初診日以後に納付するなど

しても、障害年金の審査では認められないことに注意が必要です。


■終わりに

 引きこもり状態の誰もが、障害年金の対象になるとは思いません。

ただ、閉鎖的な生活で情報も限られていると、なかには、障害年金

の対象になることに気づけない方もいるのではないか、と推察して

います。

 障害年金は心の安定にも効きます。受給が決まった、家族を

巻き込むほどの強迫性障害を伴う「広汎性発達障害」と診断された

ある方は、数年ぶりに会うと穏やかな表情を見せるようになって

いました。

お金がないことによる不安・焦りが和らぎ、外に出られる日が増えた、

と話していたのが印象に残っています。


[参考]
厚生労働省HP「みんなのメンタルヘルス」



―――――――――――――――――――――――――――――――――
≪執筆者紹介≫

相川 裕里子(あいかわ ゆりこ)

特定社会保険労務士。

横浜で「AI(アイ)コンサルティング」を夫婦で経営。
年金の相談手続き3,000件超、障害年金の請求200件超。

近著『世界一やさしい障害年金の本』(学研プラス)。
中日新聞(東京新聞)で「知って得する社会保障」連載中。

事務所URL https://www.ai-cons.jp/



━━【公式Twitterアカウントを開設しました!】━━━━━━━━━━━━━━
アカウント:@fplabo2
弊社のセミナー情報やFPに関連するような情報を発信していきます。
ぜひフォローをお願いいたします。
https://twitter.com/fplabo2
※Twitterアカウントをお持ちでない方も、上記リンクからご覧いただけます。

━━【アドレスの登録・変更・削除】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ変更、削除はこちらから手続きをしてください。

※変更の場合は、現在、配信中のアドレスの解除をした後、新しいアドレスで
 メルマガに新規登録をしてください。

⇒ https://www.fplabo.co.jp/fplabo/magazine/front.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『 FP E-PRESS(エフピーエプレス) 』(以下「本サービス」)は
株式会社エフピー研究所(以下「当社」)が発行するメールマガジンです。
本サービスの著作権は当社に属し、当社の許可なく複製・再配信などを行うこと
はできません。また、当社はご利用者様の本サービスご利用により生じた損害に
つきましては、その責を負いません。

※このメールマガジンは送信専用アドレスから配信されたものです。
 本メッセージの返信メールに対するご対応はいたしかねますので、
 あらかじめご了承願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行元:株式会社エフピー研究所
〒113-0033 東京都文京区本郷3-32-10 BR本郷3ビル 3F
発行者:エフピー研究所
編集者:小島 三佳
URL : https://www.fplabo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━