こどもの教育資金計画

このような方におススメ!

  • 子どもが生まれる予定がある
  • 子どもが生まれた
  • 私立にした場合、公立にした場合それぞれの将来収支予想を作ってほしい。
  • 教育資金の積み立て方法を決めたい

上の図にあるように、教育費というのは、高校・大学という後半部分にピークを迎えます。逆に前半部分は貯め時として、積立てなどで早めの準備をするのが基本です。

定期預金、学資保険、子ども保険、終身保険、投資信託など、積立ての方法は色々あります。その中から、家計の収支状況やご家族構成、ライフプランにあった準備方法を一緒に考えていきましょう。


個別相談についてはこちら →


家計のつぼ